パンと味噌汁
Bread and Miso Soup
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


M-1グランプリ2006感想(4)
<優勝決定戦>
麒麟

なんか2人ともカミカミでしたね。後半は聞き取りづらい部分もあった。やはり一番手というのは緊張するんですかね。iPod→音漏れのくだりは面白い。川島さんの技量はすごいなぁ。


フットボールアワー

随所に面白い部分はあったんですけど、「優勝狙いにいくネタかなぁ?」と思ったのが正直なところ。テーブルが三角のくだりは後藤さんがまごついてたし、全体的に力任せのネタだと感じた。チャンピオンとして再出場するのなら、それなりに凄いことをやって(見せて)ほしかったと思うのは僕だけでしょうかね。


チュートリアル

ネタ見る前にちょっとだけ不安があったんですよ。予選での僕の中での点数が96点ぐらいだったんで、もうこれ以上のネタは出来ないんじゃないかって。たしか紳助さんも似たようなこと言ってましたよね。まぁ、それは見事に裏切られましたが…。めちゃくちゃ面白かったです。ネタ中で徳井さんが笑いだしたとき一瞬「あっ」って思ったんですけど、そっから狂気の表情にもっていったところで、自分が考えてたことが杞憂だと気付かされました。よくいるじゃないですか、(実は僕もそうなんですけど)面白いボケ思いついてそれを言葉に出そうとしたときに、先に自分で笑ってしまう癖のある人、たしか徳井さんもそんな傾向があった気がしたんですけど、こんな逃げ方があったかぁと感心させられましたね。「狂えばよかったんだ」って。もう、天才には敵わないですよ。文句なしの1位です。


<総評>
終わってみればチュートリアルの圧勝でした。他のコンビとは一線を画した破壊力のあるネタを2本揃えてきた時点で結果は見えてたと思いますね。エンディングで「これからの時代を引っ張っていく」存在だとか言われてましたけど、僕が思うに今回たまたまあの形式の漫才を完璧にこなしたのがチュートリアルだったわけですよ。以前、笑い飯が奈良県立歴史民族博物館のネタで一時の隆盛を極めたのと同じで、この輝きは瞬間的なものだと思います。いわば流れ星です。この先もあんなネタ量産されたら敵わんからね。でも、あの面白さは本物です。来年就職決まってなかったらM-1出ようかと思ったぐらいですから。(凄い作品見せられると自分でも作ってみたくなるよね?)僕にとっては最高のクリスマスプレゼントでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://brainpanic.blog47.fc2.com/tb.php/7-f4629a83



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。