パンと味噌汁
Bread and Miso Soup
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


M-1グランプリ2006感想(2)
<決勝・予選>
麒麟

見たことがあるネタでした。あのオトし方は綺麗だと思う。ただ「麒麟はお前がしっかりせぇや」は使い回したらあかんボケやと思うんで、他に切り札を用意しておかないときついんちゃうかなぁ。川島さん器用だから、あえてアドリブの部分多くとって田村さんに神が降りてくるの待ってもいいかもしれないなぁと思ったり。


トータルテンボス

M-1でしかほとんど見たことないコンビですね。全国各地でネタをやってきたらしく、"いろんなことができるよ"っていうのがウリみたいに感じた。ツッコミの人の言葉選びのセンスもいいと思う。(「そのボキャブラリーの豊富さを別のところに生かせや!」とか)ただ、トータルとして見た場合に、抑揚がないというか小波ばっかりっていう印象が拭えないんですよね。雲仙岳とは言わないまでも、せめてあのアフロぐらいには爆発してほしい。オチは一番好きだったかも。


チュートリアル

段違いに面白かったですね。これはたぶん他のコンビとは笑いの切り口が違うから余計に個性が光ったんだと思います。他のコンビは、漫才の中である設定を決めたら、それに別のシチュエーションやフレーズを持ち込んだり、あるいは常識とは真逆のことを言ったりしてそのギャップを笑いに昇華してるわけですが、チュートのネタは話の設定自体を徳井さんが歪めて解釈してるんですよ。単にそれだけだったら客はとっつきにくいと思うんですが、福田さんが半ばそれにヒく形でやりとりをしてるので、客はそちらに共感することで"異常な"徳井さんを"面白い"と解釈することができるんでしょう。表情豊かな徳井さんの演技力のなせる技ですかね。去年も同じ系統のネタをやってたはずですが(たしかバーベーキューのネタ)客と審査員がこの構図に慣れるまで1年かかったわけですか…厳しいなぁ。去年、僕の中では一番面白かったのがチュートリアルで、何で点数が伸びないのか不思議だったのを覚えてます。あと、今年はネタの入りがどのコンビより自然でしたね。こちらは場数をこなした成果でしょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://brainpanic.blog47.fc2.com/tb.php/5-4bef512c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。